パソコン作ろう!

パソコン自作の初心者さん向けに、パーツの選び方や組み立て方、パーツの情報などを発信していきたいと思います。

最初に設計仕様をまとめよう 〜自作パソコンの成功は準備が大事〜

 

「パソコン作りたいけど、パーツの選定間違いとか、費用とかいろいろ上手くまとまらない・・・」と言ったような事はありませんか?

 

初めてのパソコンが上手くいくかは、準備段階が大事だと私は考えます。

どんな事でも同じですが、「準備が全体の7割、実行は3割」などと言われます。

最初にしっかり設計をする事で、パーツの買い忘れや、組み合わせの間違いなどが防止出来、期待通りの性能を実現する事が出来ると思います。

 

作りたいパソコンの「設計仕様書」を作って、パソコンで何をするのか、性能はどれくらいのレベルを目指したいのか、予算は・・・といった詳細をまとめて、明確にしておきましょう。

 

私が作っている仕様書を例に、まとめ方などを考えてみます。

 

----------------------------------------

【 目 次 】

----------------------------------------

1.コンセプトを考える

 

まず、どんなパソコンにしたいのか、コンセプトを考えてまとめておきましょう。

 あまり細かいところまで考える必要は、この時点ではないと思います。

 

そのコンセプトを基に、詳細な仕様を決めていき、全体像を明確にしていきます。

 

コンセプトを簡単にまとめた例を示します。

f:id:JG6BRH:20210411220032j:plain

今回の例では、パソコンの使用用途を在宅勤務での業務書類作成や、リモート会議Youtubeの視聴としてみました。

サイズはコンパクトにまとめ、予算をあまりかけない設計を考えました。

 

まとめ方は皆さんの好きなやり方で構いませんし、綺麗に作る必要もないです。

紙に、適当な表や箇条書きで作ってもいいと思います。

ただ、後から見返した時に解りにくいと意味がありません。ある程度は綺麗に見やすくまとめる方が、後々いいと考えます。

 

2.コンセプトを元に仕様を考える

コンセプトがまとまったら、そこから詳細仕様を考えていきます。

今回は、コンパクトにしたいのでミニタワー型ケースを使い、費用を抑えるためグラフィックボードは搭載しない仕様としました。

 

私が作っている設計仕様書の例です。

f:id:JG6BRH:20210411220047j:plain

 

パーツ選定のポイントは以下の通りです。

  1. CPUはCerelonシリーズでも良いが、作業の快適性と価格のバランスを考慮しCore i5シリーズとする
  2. パソコンの起動時間を短くできるよう、SSDを採用
  3. メモリは2枚組(デュアルチャンネルに対応する)
  4. OSはWindows10とし、メモリサポートの上限が大きくなる64Bit版を採用

これらのポイントは備考欄に記載するといいと思います。

万一、使いたいパーツが在庫切れなどですぐに入手できない場合、同等仕様の代わりのパーツを探す際に役立ちます。

 

のように、それぞれ使いたいパーツの仕様を記述していく事で、「ミスマッチ」を防止する事が出来ます。

例えばCPUソケットの組合せ誤りや、サポート外メモリとの組合せなどが防げます。

また、性能上のボトルネックを見つける事にも役立ちますし、記録として残せば仕様を忘れてしまっても、確認する事が出来ます。

数年後に改修したい時に、どういう仕様だったかを残しておくことで、改修が必要な部位を特定しやすく、無駄な出費を抑えられることにもなります。

 

3.設計仕様書で予算を管理する

設計仕様書にはだいたいの算額を記載しておきます。

実際に購入した金額も記載しておけば、次回以降の参考になると思います。

 

算額は、パーツの発注予定先のサイトなどで調べておき、万一在庫切れなどで発注先が変わる時でも大きく予算オーバーにならないように、かけられる範囲でやや高めに設定しておくといいかな、と私は考えます。

 

4.パーツメーカーの選定

パソコンのパーツはいろいろなメーカーから発売されています。同じ仕様のパーツがいくつものメーカーから発売されていると、実際どこのメーカーを選べばいいのかが判らないですよね。

そんな時、何を基準に選べばいいのでしょうか?

 

(1)口コミ

パーツを通信販売で購入しようとすると、たいていの場合そのパーツの口コミが閲覧できることが多いです。

口コミのたくさんついているパーツはそれだけ関心が高く持たれているという事でしょう。良い評価を得ているメーカーのパーツなら、安心して購入することが出来ます。

 

(2)過去の実績

ある程度パソコンの自作を経験してくると、いろいろなメーカーのパーツを使った経験も積むことが出来ます。その中で、不幸にしてパーツの故障などを経験することもあります。メーカーや販売代理店の修理サポートを受けることもあるでしょう。

そうした経験の中で、「このメーカーのパーツなら大丈夫そうだ」という信頼も生まれてきます。今回私が例として示した設計仕様書のパーツも、そういう経験上で過去に実績のあるメーカーのものを採用しています。

 

私は今、2台のパソコンを所有しており、メインマシンは数回改修を行っていますが、使用しているパーツは改修で取り換えるまで、幸いにも全くトラブル等はなく快適に使用できています。そういう意味でもお勧めできるメーカーと考えています。

 

5.【参考】各パーツの購入先

今回、設計仕様書の例に記載したパーツの購入は、以下のリンク先から可能です。

(Amazonの通販サイトにリンクしています。)

液晶モニタ・キーボード・マウス及びモニタ接続ケーブルは設計仕様書に記載しておりませんが、パソコンを使用する際には必要です。使用・設置環境に合わせてお好みでご購入下さい。参考として、下記のAmazonリンクをご紹介致します。

【ご注意】

  1. 本リンク先の商品価格は変動する事があり、設計仕様書の例に記載している予算額と異なる事があります。購入の際には再度価格をAmazonの販売サイトでご確認下さい。
  2. 在庫状況も合わせてご確認の上、ご購入をお願い致します。
  3. この記事を参考にご購入された商品の故障や性能については、当方では一切責任を負いません。自己責任でのご購入をお願い致します。